女性の方へ

自分のことを後回しにしがちな女性にこそ、
しっかりとご自身の健康と向き合う時間が大切です。

女性の身体は年齢に応じて変化するようにかかりやすい病気も変化します。
当クリニックでは受診者様が安心できる心地よい空間づくりを心がけ丁寧な対応で受診者様をお迎え致します。

女性のための特別コース

レディースドックはスタンダードな人間ドックの検査項目に婦人科検診の項目を加えたコースです。
さらに甲状腺や骨密度など女性に多い疾患にも対応しています。
婦人科の検査は女性の医師、技師、スタッフが行いますので安心してご受診ください。

検査項目一覧

診察
内科診察
身体計測
身長・体重・体脂肪率・腹囲・BMI
一般検査
血圧・脈拍数
眼科検査
視力・眼圧
聴力検査
標準純音聴力検査
尿検査
蛋白・糖・潜血・pH・沈渣・比重・
ウロビリノーゲン・ケトン体
循環器検査
眼底(両眼)・安静心電図
呼吸器検査
胸部X線(デジタル1方向)
消化器検査
*胃部X線(デジタル撮影)・便潜血(免疫法)
骨粗鬆症検査
骨密度測定
乳がん検査
問診・乳房超音波検査・
マンモグラフィ(2方向)
子宮がん検査
問診・内診・子宮頚部細胞診(直接採取)・
経膣エコー検査
一般血液検査
赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値・
赤血球恒数(MCV・MCH・MCHC)・
白血球数・血清鉄・UIBC
肝機能検査
総蛋白・アルブミン・A/G 比・総ビリルビン・
AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)・
ALP・LAP
脂質検査
総コレステロール・HDLコレステロール・
LDLコレステロール・non-HDLコレステロール・
中性脂肪・LDL/HDL比
腎機能検査
尿素窒素(BUN)・クレアチニン・eGFR
膵機能検査
血清アミラーゼ
糖尿病検査
血糖・HbA1c
痛風検査
尿酸
腫瘍マーカー検査
CEA・AFP・CA125(女性)
甲状腺検査
FT3・FT4・TSH
リウマチ検査
RF(定量法)
血液型検査
ABO式・Rh式(初回のみ)

*胃部X線検査は上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)へ変更可能です。その際、差額の[¥5,000+税]が別途必要となります。

レディースドックに含まれる
婦人科項目

腫瘍マーカー検査 (CA125)

卵巣がんで特に上昇する腫瘍マーカーです。他に卵巣・子宮の良性疾患や子宮内膜症などでも上昇します。

乳房超音波検査

超音波で乳房内を調べます。触診では判別しづらい小さなしこりを発見できます。マンモグラフィでは診断しにくい若い女性の乳腺に対して有効な検査です。

マンモグラフィ検査

乳房を挟み上下左右の乳房のX線撮影を行います。乳房全体の乳腺や脂肪、血管などを写しだします。乳がんに関係する微細な石灰化の発見に大変有用です。

子宮頚部細胞診

子宮の入り口部分を綿棒などで軽くこすり細胞を採取して検査します。採取した細胞の中にがん細胞やがん細胞になりかけているものがないか顕微鏡で観察します。

経膣エコー検査

細い超音波器具を膣内に挿入し、超音波を当てて子宮の状態を調べます。子宮、卵巣の形状が近距離で確認できるため詳細に観察することが可能です。

甲状腺ホルモン検査

甲状腺のホルモン値を測定して甲状腺のはたらきや異常を調べます。甲状腺の病気は女性に多いため注意が必要です。

骨密度測定検査

骨の強さ(密度)を測定する検査です。女性は閉経時期になるとホルモンの変化により骨密度が急激に低下しやすくなります。定期的に骨密度を測定することが大切です。

マンモグラフィ検査と乳房超音波検査どっちを受診すればいいの?

乳がん検診として推奨されているのは「マンモグラフィ検査」です。
ですが年齢や乳房の状態によってはマンモグラフィに適していない方もいらっしゃいます。
マンモグラフィ検査と乳房超音波検査についてご理解のうえ、ご自身に適した検査を受診ください。

マンモグラフィ検査

メリット
  • 手で触ることのできないしこりを発見できる
  • 微細な石灰化の発見に非常に有用
  • 以前撮影したレントゲン写真との比較が容易
デメリット
  • 被ばくの心配がある(ごく微量)
  • 妊娠中、授乳中の女性は受診できない
  • 若い女性はがんと乳腺の区別がつきにくい

乳房超音波検査

メリット
  • 被ばくの心配がない
  • 乳腺の発達している若い女性でもしこりを発見できる
  • リアルタイムで検査結果をみることができる
デメリット
  • 石灰化が見つけにくい
  • 操作中に診断するため検査を行う技師の検査能力に依存する
  • 全体像を記録として残すことが難しい
50歳以上
マンモグラフィ(1年〜2年に1回)
40歳以上
マンモグラフィ(1年~2年に1回)またはマンモグラフィ(1年~2年に1回)+超音波検査(毎年)
30歳以上
セルフチェックを月に1度行いましょう。検査を受ける際は超音波検査をおすすめします。
20歳以上
セルフチェックを月に1度行いましょう。

近親者(親子、姉妹)に乳がんの方がいる場合

マンモグラフィ(毎年)+乳房超音波検査(毎年)

まずは月に1度ご自身でセルフチェックを行い、乳房の状態を把握しておきましょう。
検査の際にも、今後の検査の受け方をご相談いただければアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。